« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月27日 (土)

現金3000円

クリスマスもおわり、新しい年を迎えるために「大そうじ」なるものをしなければなりません。しないといけないというわけではないけど、したほうが気持ちよく新年が迎えられるような気がしたりして。幸か不幸か・・・・師も走る師走に今年はまたしても時間だけはたっぷりあるという状況(^^;)「ま~時間もあるしやっとくか」ぐらいの感じでまずは雨戸拭きと玄関まわりのそうじをしてみました。

玄関にはうちの庭で唯一咲いていた黄色の菊の花を飾っていたのですが「あ、この菊の花あるし墓参りも行っとこかな」とふと思いついてそうじのあとには墓参りにも行ったりして。「いや~しなくてもいいかもしれんけどやっぱりそうじをするとなんとなく清々しいわ~」などと自己満足に浸りながら墓参りから帰ると不在票が!!

Img_1680

エバラ50周年大感謝祭~家族にうれしいプレゼント~キャンペーンの現金コースに当たりましたぁ!!なんて嬉しい3000円!!玄関のそうじをするとお届けものがあるというジンクスは意外と本当かもしれません(喜♪)

エバラ食品さん、ありがとうございましたっ!!

| | コメント (8)

2008年12月24日 (水)

ある日のシロわん

あまり風がなくお天気のいい日。
おひさまがあたっていればガレージの前はとてもあたたかく感じられます。
そんな日はシロわんも日なたへお引越し、幸せそ~にお昼寝しております。

Img_1667

おもむろに首をもちあげたので「シ~ロ~ちゃんっ!!」と呼んでみる。

Img_1669_2

「なにか?」

Img_1670

いやいや、目、開いてませんけど・・・・(^^;)


みなさま、メリークリスマスxmas楽しいクリスマスになりますようにっ!!

| | コメント (4)

2008年12月22日 (月)

限定ラガー

うほほ~かなりひさしぶりにお届けものがきたので自然とテンションUP。
「キリン 明治のラガー、キリン 大正のラガー、350ml缶6本セット(各種3本入り) 」が当たりました。

さて、ラガーには何が絵的にいちばん合うかと考えて、
「やっぱ冬やし鍋かな~」と思ったのですが、
「いやいや、今いちばん食べたいギョウザかな~でも明日バイトやし・・・・」となり、
結果、「鉄板系でいくか!!」ということでこのようになりました(笑)

題名「やきそばとラガー」

Img_1676

味はラガーですのでどちらも苦めですが、これぞラガーって感じ。
キリンビールさん!ありがとうございましたっ!!

| | コメント (0)

2008年12月20日 (土)

豚まん

先日トモくまから届いたうまいもの便に入ってた関西の味「551の豚まん」
トモくまグッジョブgood毎度ありがとね~。

Img_1652
関西ではみんな知ってる「551の豚まんがあるとき~ないとき~」のCM、もちろんここ九州ではやってません、だって売ってないんですもの。ギョウザも、シュウマイもおいしいけどむしょうに食べたくなるのはやっぱり豚まんなのです。「やっぱ551のはうまいね~」とむさぼるように食べたのは言うまでもありません(笑)
関西に行ってもし551を見かけたら必ず!行列にならぶべしっ!!うまいよ~。

| | コメント (4)

2008年12月14日 (日)

窯から出てきたもの。

先日の窯焼から早7日、「窯あけるから見にき~や」とお声がかかったので再びご近所さんちへ。

Img_1622_2  Img_1620_3

正面の扉をはずしたあと、組み上げていたレンガをはずしていくと遺跡のような入口が出現。   1250℃前後まであがっていた窯の温度は60℃までさがり、窯の内部は灰が釉薬となってびっしり付着しテカテカしていました。

Img_1624_2  Img_1625

割れたら最後、慎重に窯から運び出し作品を並べます。置いてた場所によって灰がかかっていい色になっているもの、思うような色がでなかったもの・・・・開けてみるまでわからない窯焼のおもしろさであり難しさなんでしょうね~薪を用意するところから考えれば相当な時間を費やし、二度と同じ条件で焼くことが出来ない窯焼の陶器、「そら高いはずやわっ」と納得した瞬間ですsmile   そして初公開!!うちの母ちゃん作、花器2点はこちら。左右うしろの立派な花器はもちろん母ちゃんの作品ではありませんのであしからず(笑)

Img_1630  

わたしは・・・・なんと花器をいただいてしまいました~ありがとぉ~(涙)ちなみにこちらは先生作、なんちゅうステキな丸みshine母ちゃんのとは成形の仕方が違うのだそうですが・・・・うぅ、母ちゃん!ファイト!!

Img_1628

さて、この花器たちに合う花を!!と庭を見渡すと花がないっ・・・・早く梅の花とか飾りたいな~まだまだやけど(^^;)

 

 

おじゃましたのは「やきもの工房 い陶」さん             HP→http://yakimonoito.web.fc2.com/

| | コメント (0)

2008年12月 8日 (月)

炎とだるま。

うちのご近所さんは私と同じ関西からの移住組、田舎暮らしを満喫してて、エコで、デッキもガーデンテーブルも季節のフルーツジャムも何でも手作りできちゃうすごいご夫婦flair

このご夫婦は陶芸をしていてお庭にはでっかい陶芸窯が鎮座しております。この窯に火を入れるということは、三日三晩つきっきりで窯の温度を保つため薪をくべるということ。その火入れが行われるということで見せてもらいに行ってきました。

12月6日→窯焼当日、雪

Img_1613  

まだ12月初旬だというのに初雪が降りました、初雪と火入れが重なるなんてなんかいい感じ。火入れ直後はまだあったかいね~ぐらい、鉄の扉をあけても顔を近付けて中の様子を見ることができます。

Img_1614  

薪を入れた直後は温度が10℃~15℃ほどいったん下がり、しばらくすると徐々に上昇。一歩進んで二歩下がって・・・・みたいな地道な作業です。あまり急激にあげると割れてしまうものが出てくるというので1日がかりで温度を上げていきます。私は1000℃を超えたところで帰宅。この日は朝からおじゃましたのですがぜんざいを食べ、お茶を飲み、コーヒーを飲み、赤飯を食べ、パンを食べ、みかんを食べ・・・・そうやって食べ続けた挙句夜ごはんの野菜たっぷりポトフまでごちそうになり、しっかりすっかり食い散らかして帰ってきました(^^;)

Img_1618  

そして今回もうひとつの主役はこちら。煮たり焼いたり、お湯を沸かしたりと大活躍のだるまストーブ。なんてかわいいんでしょ~すっかり欲しくなってしまいました(笑)うしろには三日ですべて使う薪が写っています、すごい量です、これ以外に外にもたくさんの薪が準備されていました。

12月7日→窯焼2日目、晴れ

日中はおなかがいっぱいで行けませんでした←うそ(笑)。夜は煙突から真っ赤な炎が吹き上がるのが見えてきれいやで~と聞いていたのでバイト帰りにチラ見。ほんとにゴォゴォと吹き出る炎が暗闇でとてもキレイに見えました。不覚にも写真なし(涙)

12月8日→窯焼最終日、雨

Img_1619  

朝からおじゃまするともうあつくてあつくて窯に近寄れませんでした。1250℃のあたりを行ったり来たりで何十時間もキープし続けていると鉄の扉も焼けて真っ赤です。この扉に木切れをつけると火がつきました、ライターいらずです(笑)

だるまストーブの写真に写っている薪は全部なくなっていました、改めてその量にびっくり。薪をくべる作業をやらせてもらえたのですが熱いし怖いしでかなりへっぴり腰coldsweats01初日とは比べものにならないほどのすごい熱気でもちろん顔なんか近付けられません。鉄の扉をあけると袖に燃え移りそうなくらい炎が吹き出てくるので本当に緊張しました。

緊張しました~と言いつつこの日もカレーを食べ、まんじゅうを食べ、コーヒーを飲み、じゃがいもを食べ、ピザを食べ・・・・またしても食い散らかして帰ってきてしまいました。ごめんねおばちゃん(^^;)ほんとにごちそうさまでした。

三日三晩あたため続けた窯開きは1週間後だそうです、うちの母ちゃんの花器が入ってるということなのでちょっと楽しみ。ちなみに私のは何もありません(笑)

 

 

おじゃましたのは「やきもの工房 い陶」さん             HP→http://yakimonoito.web.fc2.com/

| | コメント (2)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »